代表対談(学生団体 代表×薬局 代表)|薬局の未来像について

2020.11.27

薬局を運営する代表と学生団体を運営する代表で対談してみました!
聞き手:株式会社FanReC 濵田

-あきら君が松岡さんに魅力を感じられた点ってどんな部分ですか?

あきら君

業界の常識に囚われないで、常にチャレンジされている点です。
一般的には薬学部出身の方が薬局の経営をされています。
これは当たり前といえば当たり前なのですが、「薬」というものを中心に物事を考えます。
薬を起点に患者さんを考えるイメージと言いましょうか。

ではなく、患者さんを起点に薬局や薬のあり方を考える思考が、大変新鮮で本質的なことだなと私の目には映りました。

そんな薬局を0から作る道に踏み出されたことがすごいなと。(笑)
ものすごく大変だと思っていまして。

でも、そんな大変なことでも「薬局内を夜中までみんなで作ってたんだよ!」と体験談を楽しそうにお話しされていて、
経営者としてすごいなと純粋に思いました。

-どんな薬局を作りたいと思っているんですか?

あきら君

患者さんファーストというのはもちろんなのですが、薬を売らなくても良い薬局を目指しています。
どういうことかと言うと、薬を売るのではなく、健康に関する情報やサポート、サービスを提供する薬局を作りたいと思っています。
食生活や運動に関することもそうで、健康に関するあらゆるサポートすることをミッションにしたいと思っています。

私は薬学生なのですが、薬が嫌いでして。
薬を飲むこと自体がめんどくさくて、薬ごとに朝昼夜のどのタイミングで何を服用するのか?などもわかりづらい。
また、例えば生活習慣病の方には薬を飲むではなく、根本的な治療をする必要があるにも関わらず、薬だけに頼っていることがあったり。

結果的に、本質的なことを追求する薬局を作りたいと思うようになりました。

-松岡さんがあきら君との関わりを持たれて、関わり方の点で考えられていることはありますか?

松岡さん

経営者マインドを持っていただけるようなサポートをしたいということです。
おもしろい視点で起業を考えられていて、同じ医療業界で挑戦をしたいと決意していらっしゃる。
その目指すビジョンや世界観を発信していき、協力をしていただける仲間を増やすために、
hitotofromでサポートできることは是非やらせていただきたいと思いました。

自分の意思や考えを発信していく大切さや一人で何をするではなく、
周りを巻き込んでいく力やマネジメントの難しさなどなど、
自分がぶち当たってきた課題をできるだけ体験してもらいつつ、血肉にしていただく機会を得て欲しいなと思っています。

また学生団体Apprenticeに対しても同様で、高い志を持つ多く学生の方にチャレンジできる機会を提供したいと思っています。
我々のような会社だからこそできるサポートというのは多くあると思っていますので、そのような機会を提供していきたいです。

当社のメンバーの刺激にもなりますので。(笑)

-まんまる薬局に関わっていかがですか?

あきら君

松岡さんの言葉で印象に残っていることとして、
「我々は薬以外のことを届けている・それは心だ」という言葉があります。

在宅として薬を単に届けにいくのではなく、
様々な事情で必要なものなのに手が届かない患者さんに対して、
薬だけではなく患者さんが求めているコトを届けている。

この視点を得られたことは非常に大きなことでした。
それを実現するためのボランチ制度などがあって、私が描く理想や思いをいかに実現していくのか?という部分で大変勉強になっています。

また、まんまる薬局の薬剤師の皆様の前で、事業プランのプレゼンテーションをする機会もいただけました。
皆様から様々なフィードバックや応援メッセージをいただけて、貴重な機会、体験をいただいていると思っています。

株式会社hitotofrom まんまる薬局では薬剤師、ボランチなど幅広くメンバーの募集をしております!
会社見学もウェルカムですので、興味をお持ちいただいた方は”TwitterのDM”よりご連絡をいただければと思います☆