漢方の氣生薬局様と共同勉強会を開催しました!

2020.7.15

氣生薬局様との共同勉強会を開催しました!
薬剤師でありながら、心理カウンセラーでもあり、漢方に関するアドバイザーをも務められる代表 久保田さん。
勉強会開催の目的と参加メンバーの声をインタビューしました!

聞き手:株式会社FanReC 濵田

-今回の勉強会の目的とは?(hitotofrom CEO松岡さん)

今回氣生薬局に伺わせていただくに至るまでに、2つの想いがありました。
1つ目は、患者さんに対して、付加価値となるサービスを提供するためのヒントを得たいとの想い。
2つ目は、まんまる薬局メンバーの視野をもっと拡げたいとの想い。

実際に伺わせていただき、久保田社長の東洋医学へのアツい想いのレクチャーを聞いて、
氣生薬局の素晴らしい取り組みと、我々のサービスが融合することで、
きっと患者さんのために新たな価値を提供することに繋がると確信に変わりました。
また、氣生薬局スタッフのおもてなしにも感銘を受けました!
非常に有意義な時間で、参加したスタッフも視野が拡がりこれからが楽しみです!!

-今回の勉強会を受けていただいた理由を教えてください!(氣生CEO 久保田さん)

在宅専門の薬局であるまんまる薬局の薬剤師やボランチの方々は、
日々患者様が一番安心して居る事の出来る”家”で顔を合わせてお話する機会を持たれています。

これからの薬剤師に求められることは、
この患者様とのコミュニケーションであり、季節のお話から体のお話、深くは心のお話までを共有される中で、
東洋医学思想がとても役に立つのではと考えました。

病院から出された薬だけに頼るのではなく予防するという事にも目を向けて頂けるようになれば、
我々が目指すこととも大いにシンクロし、素晴らしいことだと思ったためです。

これからの在宅には、そんな話やアイテムがきっと必須になってくると思い、
今回の勉強会開催のお申し出を快諾させていただきました。

実際に参加してみていかがでしたか?

永山(管理栄養士)
◯参加目的
管理栄養士として食品に興味を持って働いてきましたが、今まで漢方について学んだことがなかったため、
薬局で働く管理栄養士として新たに身につけたら面白い分野だと思い参加しました。

◯勉強になったこと、今後活かしていきたいこと
西洋医学だけでは良くならない体調も東洋医学を併用することや取り入れることで頂上が緩和されるケースがあるため、
食品でありつつも医薬品に当たるのかなと勉強になりました。
漢方の力について学ぶことができたため、これを機にもっと多くの知識を学んで患者様のニーズに合った商品はなにか考えていきたいです。
調理をすることが難しい患者様も多いため、漢方茶の販売はとても魅力に感じました。

戸叶(管理栄養士)
◯参加目的
薬ではなく食べ物で体調を整えられる薬膳に興味があり、
薬膳で身近な人や患者さんの不調を改善する手助けができたらいいなと思い参加しました。

◯勉強になったこと、今後活かしていきたいこと
東洋医学は血液検査などの数字だけをみるのではなくて、四診のように、
患者さん自身をよく見て観察して治療していくという点に、改めて患者さんとの接し方を考えさせられました。
患者さんの言葉だけではなく、表情や声の出し方などから体調の変化を汲み取れるように、
今まで以上に患者さんと深く向き合っていきたいと思いました。

薬膳は中国の特別な食材ばかり使うと思っていたのですが、日本の食材でも薬膳に使えるものがあると知り、
誰でもすぐに手に入れられる食材で薬膳レシピを考えてみたいです。

佐藤(薬剤師)
◯参加目的
以前からお茶には興味があり、
家でも薬膳ティーなどを飲んだりしていたので独自でやってらっしゃる漢方茶や薬膳を見させて頂きたかったです。
また、患者さんでお茶を飲んでいる方も多く、便秘、むくみ、不眠で悩まれてる方が多いので、
そう言った方に今後提供出来るものがあればいいなと思い参加させて頂きました。

◯勉強になったこと、今後の活かし方
薬学部では漢方の事はほぼ学んでいなかったので、東洋医学の知識は非常に勉強になりました。
今後、求めている患者さんにお茶の販売をしていきたいのと、いずれはオーダーメイド提供出来ればこんな素敵な事はないと思いました。
皆さんが暖かく迎えて下さり薬局の雰囲気も本当に素敵でした。
薬膳カレーも火鍋も美味しかったです。
健康志向が高まっている今の時代、老若男女問わず久保田さんの東洋医学を知って頂きたいと感じました。

鶴田(薬剤師)
◯参加目的
学生の頃から東洋医学に興味があり、漢方や生薬に日頃から触れる事が好きで、在学中も研究室は漢方を専攻していました。
今回、このお話を頂いた時に、在宅で患者さんが困っている便秘や不眠について学びたいと思ったのはもちろんですが、
私自身研究テーマにしていた美肌における漢方のアプローチについてさらに知りたいと思い、参加させていただきました。

◯勉強になったこと、今後の活かし方
患者さんがお困りの不眠について、お茶という視点からアプローチ出来るということ。
エキス顆粒としか考えられなかった所を、
日頃飲むお茶を代替して自然な眠りに近づくようにサポートできる方法があるということが1番衝撃でした。

もともと東洋医学の考え方に興味があった為、今回さらに学ばせて頂けて感謝してます。
患者さんには、在宅でお伺いした際に、お薬とはまた違った視点から、
こんなものもあるよーという選択肢のひとつとしてご提案出来たらと思います。
私自身としては、より東洋医学、漢方、生薬に対して興味が高まったので、勉強して行きたいし、もっと自分自身で試してみたいなと思います!

新井(薬学生)
◯勉強になったこと、今後の活かし方
久保田社長のお話を聞き、薬局に入ってきたときの表情や姿勢から患者さんを観察しているということにまず驚きました。
いつか薬剤師として働く身となった際には、薬のみを見るだけでなくまずは患者さん自身を見ていく事が大事なのだと思いました。
また、薬は増やしたくないけど気になる不調があるという方に、漢方は1つの大事な選択肢になるのだなと感じました。
私自身、今回の訪問をきっかけに漢方の力に興味が出たので、今後少しずつ学んでいきたいと思っています!

薬膳カレーとサラダをいただきました☆

株式会社hitotofrom まんまる薬局では薬剤師、ボランチなど幅広くメンバーの募集をしております!
会社見学もウェルカムですので、興味をお持ちいただいた方は”TwitterのDM”よりご連絡をいただければと思います☆

-氣生薬局さんのご紹介☆

今回レクチャーをいただいた氣生薬局のHPはこちらです☆

こんな取り組みもされていますので、是非ご覧くださいませ☆